美容師(スタイリスト)として生き残るために まずしなくてはいけない⑤つのこと


①250人以上のお客様に支持されなさい。

現在の日本の総人口が約1億2800万人(2016年現在)

その内、美容師の人口が約50万人!

単純に美容師一人あたりのお客様の数は約250人!

それだけの理由です。

 

 

ちょっと前(過去の話)までは

目指せ売上300万プレイヤー!とか、

目指せ売上1000万プレヤー!とか、

規模や立地、社内風土などで、金額を意識していた美容師がたくさんいました。

勘違いしないで欲しいのですが、美容師も社会人ですから当然、売上目標は必要です。。。

 

 

ですが、

売上をたくさん上げている美容師=うまい美容師(カリスマ美容師)

このような時代は、もう終わった思ってもらって結構です。その考え方は古いのです。

 

 

 

簡単に言うと

これからは

たくさんのお客様に支持される美容師=ステキな美容師(優れた美容師)

こういう思考に切り替える必要があります。

 

 

まずは

売上=お客様×単価(施術、メニュー数)

と言う金額で数えるのではなく、

 

 

お客様は、個人(一人一人違う)と考えて、

一人一人に合わせたオンリーワンな接客技術おもてなしするのです。

 

 

 

②後輩の育成に全力を注ぎなさい。

美容師の個人プレーの時代はもう少し続きそうですが、、、、

もって後3年

早ければ1年後には無くなります。

 

具体的には

面がし美容師(フリーランス美容師)はいなくなるでしょう。

 

 

理由は簡単です。

人口が減少するからです。

250人のお客様に支持されることが困難になるからです。

一人でやっていると、そのぶんつきっきりで施術ができることやアシスタントがいないため大き

失敗が減るなど利点も多い半面、気がつかないうちに徐々にお客様が減少します。

一人では限界があるのです。

フリーランスの弱点は自分では気づかないのです。

どんなにお客様の声に耳を傾けてもね、

 

 

これからは組織の時代です。

わかりやすく言うとチームワークです。

 

 

 

 

今日は時間になってしまったので、チームワークとは何か?については

また詳しく後日記事にします^^

 

 

 

 

 

③美容(ヘア)以外を率先して勉強しなさい。

もちろん基本的なカットやパーマ、カラーなどの技術も大切ですが、、、、

これからは質が求められる時代です。

 

 

どんなにカットが上手くても清潔感のない美容室や

雑な扱いをする美容室にはお客様は通いたいとは思いません。

また従業員も同じです。

カットやカラーがうまい、

ただそれだけではダメなのです。

 

 

 

直接料金になる技術と同じくらい

メニュー(商品)ではないところにこそ

本当の差が生まれるのです。

つまりお金にならないことを一生懸命勉強することです。

どのようにしたらお客様を感動させることのできるご案内ができるか?

どのようにお茶を出したら、喜んでくれるか?

 

 

とことん本気で考え、行動するのです。

まずは、

従業員一人一人の雰囲気づくりへの取り組みが大事です。

それは【あいさつと掃除】です。

ただの挨拶ではなく、

相手が喜んでくれる挨拶

相手が気持ちよくなってくれるレベルの高い挨拶

そんな挨拶をお互いに心がけるのです。

そこから良い雰囲気が生まれます。

お掃除も同様です。

ただの掃除ではなく、

相手が喜んでくれる掃除

相手が気持ちよくなってくれるレベルの高い掃除

そんなお掃除を心がけるのです。

そこから良い雰囲気が生まれます。

 

 

お金にならないことを大切にしましょう。

 

 

 

あとは

英会話(語学力)が必須になってくるでしょう。

 

 

10年後、20年後、近い将来

日本人の総人口激減していくと予測されています。

それが現実です。

あなたがもし

10年後、美容師でなかったとしても、必要になってきます。

生活する上で意思疎通ができないのは

かなりきついです。

何を言ってるかわからないということは

何を伝えたか理解できないということ。

表情や身振り手振りで把握できる情報には限界がありますから。

2060年には日本人の人口は8,000万人に減り、

100年後には日本人の人口は4000万人代になります、

経済を支えていくには外国人労働者も同じくらいの人数が必要になるのです。

50%以上の人が外国から移民になったら、

日本語より先に英語を勉強することになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

④人としての価値基準をあげなさい。

⑤300年先の未来を想像しなさい。

③〜⑤については、また後日更新します。お楽しみに⭐︎